オーストラリア

シドニーの病院でキャッシュレス保険を使って診察してきました

タケダ
タケダ
あぁー。前回の意識失ったやつ大丈夫なのだろうか…
タケダ
タケダ
使わないと思ってた海外保険をここへきて使うとは。
タケダ
タケダ
とりあえず病院の予約っと。

僕のパターンでの予約から通院、保険の負担などのことについても書いていきます。

シドニー病院でキャッシュレス保険を使って診察してきた。

今日は海外で初めて病院へ行く事になりました。

海外に長期滞在だったので、海外の提携先が多く医療負担も大きなジェイアイ保険に加入していました。

タケダ
タケダ
一応保険入ってるけど、これってどこまでが負担されるの?
タケダ
タケダ
なんなら俺CTとかで頭見てもらいたい…

なんて思いつつ病院へ行きます。

病院へ行くまでの流れ

まずは加入保険の手帳から自分の滞在している国と病院を見つける。

場所によっては1つだけだったり複数あったりするのでそこから1つ選んで電話をする。

タケダ
タケダ
手帳に書いてありますが、日本人在住のところや電話対応が日本人のところもあるので英語が出来なくても問題ありません。
タケダ
タケダ
ただし、土日は日本サポートが受けられないことが多いので休日の予約電話になると英語でしなくてはいけません。

予約の際に必要だったのは

  • 名前
  • アポイントの時間
  • 保険があるかどうか

のみでしたが、土曜日に電話をしたため日本人が在中しておらず、念のため当日に通訳の人もお願いしまいした。

病院へ行く

まず着いたら、自分の名前と予約していることを伝えます。

この時必要なのが

  • パスポート
  • 保険
タケダ
タケダ
保険証はこんな紙切れ1枚です。

二つを渡すと2枚用紙が渡されます。

1枚は日本語記入、1枚は英語での記入用紙。

それらを記入し受付の人に渡してから順番に名前が呼ばれます。

タケダ
タケダ
そんなことはつゆ知らずとりあえず待ってたら30分くらい呼ばれなかった。(笑)

診察される

タケダ
タケダ
名前が呼ばれるので医師についていく。
タケダ
タケダ
通訳の人はおらず医師とのOne on Oneでした。
タケダ
タケダ
後でちゃんと保険手帳みたらこの病院は唯一日本語が対応に弱い病院でした。

Myhealth Medical Centre Sydney CBDってとこです。

あと、そもそもここはクリニックでした。

医師の人は日本人の対応に成れてる人だったので、ゆっくり話ながら自分の状態と当時の状況を伝えることができました。

まぁでも、ここでは簡単な診察だけで念のため血液検査をすることに。

タケダ
タケダ
血液では無くね?

と素人が疑念を抱いても仕方ないので1分くらいでササっと終わらせてもらいました。

診察が終わると?

診察はとてもあっさり終わり、診察後は待つ必要もなく帰って良しでした。

血液の検査結果が金曜にわかるからまた来てねということで、改めて予約。

以上が病院の流れでした。

保険のお金は?

今回僕が利用した保険と病院はキャッシュレス対応だったので、用紙を書けば現地でお金を払う必要がありませんでした。

保険に適用されるのは交通費も請求範囲だったので、JI(ジェーアイ)デスクに電話をすれば請求できるそうです。

タケダ
タケダ
まぁ1年で26万くらい払ってるからなぁ。
タケダ
タケダ
初海外生活に心配しすぎたわ
ABOUT ME
takeda_host
取柄と言う取柄も特に無く、何でもやりたがり、だけど飽き性な一番ダメなタイプ。現在はオーストラリアにワーキングホリデー中。独学でSEOやプログラミング学んでます。あと、無計画旅行が大好きです。