オーストラリア

メルボルンで仕事を見つけるには?3つの方法を紹介

メルボルンで仕事をするには?

男性A
男性A
仕事探しってどうすればよいの?
女性A
女性A
どうやったら見つかるの?
タケダ
タケダ
メルボルンでワーキングホリデー、いわゆるワーホリをするなら仕事を見つけて働く人が殆どです。
タケダ
タケダ
そんなこれからワーホリでオーストラリアに来る方に仕事の探し方を紹介します!

仕事を見つける方法は?

メジャーな仕事の見つけ方は主に3つあります。それぞれその方法を説明していきます。

  1. レジュメを配る
  2. サイトで見つけて応募する
  3. 友達に紹介してもらう

レジュメを配る

この3つの中で最もメジャーな方法が”レジュメ”を配る。

レジュメとは?履歴書のことです。海外では意外と泥臭い方法で仕事を見つけれます。

レジュメ配りをする人のタイプは基本ローカルのお店で働きたいという人です。ローカルのお店はサイトを探しても滅多に出てこないので自分の足で探すのが最も早いです。

  1. まずレジュメを沢山作ります。
  2. 働きたいお店に出向きレジュメを渡す。
  3. 連絡が来たら当たり。

お店にレジュメを渡す際はマネージャーにレジュメを渡しましょう。もしいなければスタッフの人にmanagerに渡しておいてもらいましょう。

でも日本人ならともかくローカルのお店はルーズなので口約束は正直あってないようなものということを忘れない方が良いです。

サイトで見つける

この方法は日本で仕事を探すときと同じで、メルボルンの掲示板サイトで募集中のお店を見つけて連絡を取ります。ローカルのお店で働きたい人にはあまり向いてない方法です。

  1. 掲示板で自分が働きたいお店にメッセージを送る
  2. 連絡が来る

基本的に募集しているのはジャパレスが多いですが、外国人オーナーが経営しているお店も多いので英語でコミュニケーションを取ることは必要です。

友達に紹介してもらう

運に最も作用されますが、最も仕事が決まりやすい方法です。友達の紹介ならスキルが殆ど必要なくすぐに仕事をすることができます。

英語の高いスキルが必要だとか、働いたことのある経験が必要だとか、そういったことを気にするかもしれませんが友達というだけでハードルが一気に下がります。

タケダ
タケダ
僕は英語のスキルがかなり低かったですがトライアルなしでそのまま入れてもらいました。給与は最低賃金スタートですが、技量によってもらえる給与は増えて行きます。

トライアル(trial)

面接をすると次回、もしくは当日にトライアルを受けます。

トライアルとはいわゆる技量を見るための試験で2~3時間のテストをします。この時は時給が出るところもあれば、時給が出ないところもあります。

トライアルを受ける前に給料が出るのか出ないのか聞けば教えてくれるので聞いてみましょう。

オーストラリアの給与事情

オーストラリアの最低賃金は2018年7月1日から18.93$です。

AUS1$=80円換算で1514円というのがオーストラリアの最低時給になります。

タケダ
タケダ
東京の最低賃金985円に比べても1.5倍以上の時給です。めちゃめちゃ高いですよね?

更に土日や深夜で給与が上がり、ブリックホリデーには時給が2倍になると言うスーパーな特典もついてきます!

タケダ
タケダ
以前知り合いの男性が最高時給50$以上で働いたこともあるといっていました!
男性A
男性A
キャバクラかよ(笑)

オーストラリアの雇用形態

オーストラリアの働き方には3つ種類があります

働き方
  • カジュアル
    日本で言うアルバイトと同じで働ける時間は安定しておらず、いつクビになるかもわからない、そんな雇用スタイルです。
    だけど、カジュアルスタイルは時給が25%増しになるので、最低賃金$18.93の25%割増なので$23.66が一般的な自給になります。
  • パートタイム
    正社員ではないですが、正社員に似た優遇を受けることが出来ます。年次有給休暇などは勤務時間数によって計算されるみたいです。
  • フルタイム
    38時間以上の勤務保障がされています。正社員のフルタイムの場合は年次有給休暇が4週間、年次有給病気休暇10日間となっています。

仕事を決めるポイント

仕事を決めるポイントで注意した方が良いのは

  • 自分がどの給与形態に属するのか
  • 土日、祝の給与UPがあるのか
  • 給与はいくらスタートか

ワーキングホリデービザの場合同じ仕事先で働ける期間は6カ月間なので、好条件やカジュアル以外の形態で働くことは難しいです。

世界の人々がこぞって住みたくなる「メルボルン」てどんなところ? メルボルンとは? メルボルンは世界で最も住みやすい国ランキングで1位を獲得しているオーストラリアのビクトリ...
ABOUT ME
takeda_host
取柄と言う取柄も特に無く、何でもやりたがり、だけど飽き性な一番ダメなタイプ。現在はオーストラリアにワーキングホリデー中。独学でSEOやプログラミング学んでます。あと、無計画旅行が大好きです。