オーストラリア

メルボルンでナイトイベント!国際交流会に行ってきました

エージェントの人が超おすすめしてくれたイベント、メルボルンのナイトイベント【UNIナイト2018】

フィリピンの語学学校で友達だった子と参加してきました!

海外の人と仲良く出来るように頑張ります!

メルボルン【UINナイト2018】

このイベントは年に1回~2回行われる、日本語を勉強する海外の大学生と、メルボルンに住む日本人が交流するイベントのようです。

場所は僕の通う学校Greenwichから歩いて1分、Southern Cross Station(サウザンクロス駅)から2分程の所にあるThe Bottom End で開催していました。

時間通りに行ってみると既に行列が!

日本の人がいっぱいいる。こんなにもいるんだなぁ

日本人の撮影スタッフも来てちょっとした取材もしてました。右側の光はカメラマンです。

外で関西弁の女性スタッフめちゃ叫んでた(笑)

列を進んでいくと、受付でクラブのガードマンみたいなお兄さんにパスポートを見せます。

そしたら手首にイベント用の紙リングが巻かれたのと、変な紙をもらって店内へ。

 

既に結構な人奥にいる!

店内はとても大きなフロアが沢山!

ここは2フロアあるお店で、中もめちゃめちゃ広いです!一階はBarとテーブルがメインの会話がメインのフロア。

2階は音ガンガンのクラブみたいなフロア、大きな部屋が5つくらいあります。

ん?クラブ?

と疑問もありましたが、取り合えずクロークで荷物を合付けました。ハイテクなクロークで個人情報を記入して番号の券が貰えます。

 

 

 

タケダ
タケダ

料金は2ドルでした

店員さん美人だなー。

一階に行くと既に動けないくらいの人達が!

もう一つのフロアも同じくらい人がいて、開始早々1フロアに100人以上の外国人と日本人がごたごたしてました。

タケダ
タケダ
7割日本、3割外人かな?
タケダ
タケダ
とりあえずバーへ行こう
タケダ
タケダ
メ、メニューどこ?

メニューは無いみたいです。後ろにある物でなんでも作るとのこと、後は手前のビールサーバーのビール。

タケダ
タケダ
じゃあ、コーラにします。2ドルでした

友達はジンバックとファジーネーブルを頼みました。

が、カクテルの名前が中々伝わらず、周りも凄いオーダーする人たちでいっぱいで難しかった。。

タケダ
タケダ
カクテルは8.5$、ビールは5$だったと思います。

いざ、交流会をしにlet’s Go !!

そういえば最初に貰った謎の紙切れの正体は、同じ紙をもっている人を見つけると1Drink Freeになるみたいです。

それを探しまわっていたから皆さんごたごたしていたみたいです。と言うことで僕らも探しにいって声をかけに行きました!

日本語も解る外国人の人が多く、相手から「何番ですか?」って聞かれました。(笑)

タケダ
タケダ
What Number ??
タケダ
タケダ
Do you have Number ??

とかとりあえず言ってました(笑)

因みに僕らは同じ番号の人を見つけることはできませんでした…

 

長くなりそうなので、続きは次回の記事にします^^

ABOUT ME
takeda_host
取柄と言う取柄も特に無く、何でもやりたがり、だけど飽き性な一番ダメなタイプ。現在はオーストラリアにワーキングホリデー中。独学でSEOやプログラミング学んでます。あと、無計画旅行が大好きです。