フィリピン

”C2 UBEC”紹介記事/セブの学校に実際に行ってみました

どんな学校?

C2は2013年にタランバンで開校された日本人経営の語学学校です。生徒の割合は日本人が5割〜7割、それ以外が海外の生徒で比較的多国籍の学校です。(シーズンによって変動します)

特徴は、毎日の50単語テストと門限が22時(土日はテスト合格者は24時まで)、それと日本人経営では珍しいセミスパルタ校というところです。

C2 UBECにインタビューに行ってきました

学校の場所

空港からの行き方

マクタン空港(セブ国際空港)第2ターミナルからタクシーで30分~40分前後。

セブ空港でのSIMカード購入・使う手順と、タクシーを乗る際の注意と手順

ピックアップをお願いしない場合は上の記事を参考にしてください。

昼間と夕方はCITYは渋滞しているので、その時間にタクシーを使う人は30分〜1時間の余裕があると良いです。

学校の様子

学校は寮・オフィス・教室がそれぞれ別れており、1つの敷地内に収まっているキャンパス型の学校。敷地の中心にはプール、くつろげる休憩所が設置されています。

各教室

  • マンツーマン授業部屋50以上
  • グループ授業部屋8部屋

教室がある建物は2校舎に別れており、比較的広く先生の人数も多いです。授業風景

食事スペース

食事は毎日の朝昼晩で提供されます。ご飯はおかず・スープ・お米、それぞれ青・赤・白のプレートで分けられており、プレートを渡して配膳してもらうタイプのビュフェ形式です。

その他スペース

ここ以外にも、保健室・キッズルームがあります。カフェテリアでは無料Wi-fiが使えますが、人が多いとwi-fiスピードが遅くなります。オフィスでSIMカード販売もしているので、SIMフリーの携帯をお持ちの方はそちらを安く利用できます。

2019年6月以降に完成した社会人専用・女性専用の新校舎につきましては別記事にてご紹介いたします。

宿泊施設

キャンパス寮

部屋内には冷蔵庫・勉強机・クーラー・トイレ・シャワー・収納がそれぞれついています。キャンパス型なので宿泊する場所も学校の敷地内にあって、学校との行き来がとても楽チンです。

アクティビティ・無料授業 の紹介

  • 月に1回、日曜日に学校主催のアイランドホッピング
  • 毎週火曜日の授業後に英語の映画鑑賞
  • 毎週水曜日にズンバダンスエクササイズ
  • 2ヶ月に1回、SPEECH コンテスト/バーベキュー/ハロウィンパーティ/クリスマスパーティ/ダンスコンテストなどの季節にあったイベント

C2では定期的なアクティビティが行われているので、それを機に友達を作るための機会がたくさんあります!

それ以外の無料サービス

  • カフェブースに無料のWi-fi(複数人で使っていると重い)
  • 各エリアごとにウォーターサーバー
  • 部屋ごとに冷蔵庫/温水シャワー/エアコン/勉強机
  • 掃除・洗濯のサービス
  • 毎日3食の食事(朝昼晩)

学校の徒歩5分圏内にはショッピングモールやランドリー、レストランなどがあり、生活に必要なことやものは全て揃っています。

留学費用

留学費用、現地でかかる費用については別ページにまとめてあるので、そちらをご確認ください。

ABOUT ME
takeda_host
取柄と言う取柄も特に無く、何でもやりたがり、だけど飽き性な一番ダメなタイプ。現在はオーストラリアにワーキングホリデー中。独学でSEOやプログラミング学んでます。あと、無計画旅行が大好きです。